スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/03/04

大西さん(トゥラリカのBa)とbloodthirsty butchersの映画「kocorono」を見てきました。特に印象的だったのはブーイングを浴びながらレイジの前座を務めた時の映像の凄まじさ、「3人時代なんてもう無いものだと思ってる。」とあっさり言い放つ射守矢さん。
活動規模の違いこそあれ、無名のインディ・バンドと思考自体はさして乖離していないことに感動した。逆に言えば、この映画は「インディ・ヒーローになることが必ずしも大きな変化をもたらすとは限らない」という厳しさも含んでいたわけだが、であるからこそ「それでもやる/追求していく」姿勢への切迫感が強調されていたように思う。

ウルトラビデのヒデさんが音楽への姿勢を問われた時に「ただやるのみです。」と答えていたのを思い出す。確か他の質問にもこういう答え方をしていたと思うが、別に質問者を煙に巻きたいから言ったわけじゃないだろう。(そんな人には思えない。)ブッチャーズとはキャリアも思考プロセスも違えど、行き着く先は似ているはずだ。

音楽にせよ他の表現分野にせよ、例えどんなに自分のアウトプットを「こんなもんクソだ」と思っていても「うまく伝わらない」と思っていても表現し続ける人は、思考が最後の一片に到るまで、他人と自分との間で何かが起こることに愛やら希望やら(言い方は何でも良いが)を捨てられない人だ。多くは外的な状況などからその火をコントロールして小さく扱いやすくするのだろうが、彼らはきっと火に薪をひたすらくべ続けずにはいられないのだろう。火を小さくはできないのだろう。僕は果たしてそちら側に立てるだろうか。そこに立って意味はあるだろうか。いずれにせよただやるのみか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

numenumenone

Author:numenumenone

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。