スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田ヨウヘイ氏インタビュー

7/7(日)のトゥラリカ企画でお送りする吉田ヨウヘイgroupレコ発を記念して、吉田さんにメールにてミニインタビューを敢行いたしました!僕はたまたまtwitterでコンロン・ナンカロウを検索したところ吉田さんを知り、このMVをみて思わずコンタクトを取った、という次第なのです。
吉田さんは發展というインプロティームにも参加されております、こちらもクール!

己が未熟ゆえフォーカスしきれなかった部分も多々ありますが、お楽しみください~



ヌメ)まずは簡単に自己紹介をよろしくお願いします。

吉田ヨウヘイ氏(以下「吉田」、敬称略))7人編成のロックバンドです。昨年4月に結成し、今年3月にアルバム「From Now On」をリリースしました。

ヌメ)早速ですが、吉田さんが音楽にのめり込むきっかけは何だったのでしょうか?

吉田)3歳くらいのときに、家にあったアメリカン・グラフィティという映画のサウンドトラックをよく聴いていました。アメリカン・グラフィティは50年代末から60年代頭のアメリカンポップスがたくさん流れる映画なので、最初に好きになったのはそのあたりの音楽だと思います。

ヌメ)では、音楽に関係する/しないを問わず、今までの人生におけるターニングポイントみたいなものがあったとすれば、それはなんでしょうか?

吉田)中一でギターを始めたんですが、中三のときに「燃えよドラゴン」を見て「楽器より格闘技なんじゃないか」と思って楽器を辞めるか迷いました。辞めないで良かった!

ヌメ)ターニングポイントというと、今回のアルバム発売もターニングポイントのひとつになるかと思うのですが、作る際に何かテーマというか軸みたいなものがありましたら教えて下さい。

吉田)意識的に、自分の中から自然にでてくるものばかりにしないようにしました。「誰々のこの曲のこのパートに感動したから、その要素を抽出したい」というような感じです。

ヌメ)「誰々のこの曲のこのパートに感動したから、その要素を抽出したい」そう思っちゃいますよね。勝手に自分のフィルターを通る分、再現できている部分と再現しようがない部分のグラデーションで面白くなることもありますし。歌とか声なんて特にそうなんではないでしょうか。

吉田)そうですね、かなりパクっても自分のフィルターを通した時点で、他の人が聴いたらあまり似てない印象になるみたいなんで、結構大胆にやってます。

ヌメ)アルバムの中身についてです。個人的に(もちろんどのパートに対しても配慮を行き渡らせておられるであろうことを前提として)、ベースとバスドラムの響かせ方にかなり神経を使われたのではないかと推測していますがいかがでしょうか?量感や立体感と柔らかさが両立されていてとても好きな音です。
吉田)ドラムはかなり好きな音になりました。ジャズのバスドラムの音が好きなので、ロックではあまり使われないノンミュートのバスドラムの音にしました。現代的なハードな感じと、レトロな感じの両方が出せたと思います。

ヌメ)ノンミュート!真似してみようかな……好きなジャズドラマーというと誰になりますか?

吉田)マックス・ローチエルヴィン・ジョーンズロイ・ヘインズジャック・ディジョネットなどです。

ヌメ)アルバムを製作する上で、うまくいった点、これから初めて聴く方にここは是非オススメしたい点、逆に心残りがあって次回どうにかしたい点があればよろしくお願いします。どれかにお答え頂く形で結構です。

吉田)初めて聴いていただく方への希望としては、うちのバンドは聴いた人から「この曲が一番いい!」って言ってもらえる曲がバラバラなので、1曲聴いてあまりピンとこなくても5曲くらい聴いていただけると嬉しいなぁと思います。

ヌメ)アルバムを聴いた人からの反応で特に印象的なものがあったら教えて下さい。

吉田)ジャズっぽいといっていただく場合と、「ジャズっぽいと思って聴いたら全然そうじゃない」っていっていただくことが、ちょうど半々くらいなことが印象的です。自分が最も影響を受けている2000年代以降のジャズは「これジャズなの??」っていうことが話題になることが多いんで、そういう意味ではややその辺に近づけたかなと。

ヌメ)お話を伺うと、改めて吉田さんの中でジャズっていうのは大きな軸なんだなと感じます。僕は吉田さんの作るポップスには、単に「はいジャズテイスト入ってますよ」というものでない、根の部分(音の捉え方?)におけるジャズからのフィードバックがあるような気がするのですが、いかがでしょうか?
それが日本語ポップスっていう軸と対になっていて、更にUSオルタナからの線も感じられて、多層的で不思議なフォルムの音楽になってるなと。
分析的に聴くまでもなく普通に聴いていい曲なんだけど、実はありそうでないんでないかと。

吉田)なんとなくですが、メロディー、コード、メロディーとコードのぶつかり、みたいな3種類くらいで考えていて、例えばメロディーであれば日本語ポップスの影響は入ってるけどジャズは入れてない、といったことをいちおう意識してやってます。ジャズの影響が入ったらいいなと思ってるのはコード進行とリズムかなと。メロディーとコードのぶつかりはジャズっぽくしないようにしてます。

ヌメ)それでは、吉田さんの個人的名盤3枚を教えて下さい。

吉田)
ビートルズ「ホワイトアルバム」…「ハッピネス・イズ・ア・ウォームガン」が好きで、作曲をやりたいと思うきっかけになった曲です。Happiness is a worm gun

ラウンジリザーズ「ヴォイス・オブ・チャンク」…ラウンジリザーズはサックスを始めるきっかけになりました。Voice of Chunk

大友良英「山下毅雄を斬る」…ジャズアレンジの歌ものという点で影響を受けました。同アルバムより、Hoahio (Haco) - スーパージェッター+ 冒険ガボテン島 (1999)

ヌメ)音楽以外で特に好きなもの、趣味などはありますか?

吉田)スポーツ全般。時間が空いたときにはヤフースポーツを見ています。

ヌメ)吉田さんが現在進行系で刺激を受けている方やバンドがおられると思いますので、教えて下さい。

吉田)森は生きているの岡田君。一緒に發展というバンドもやっているのですが、彼は暇さえあれば録音しているので、音楽家としてほんとにすごいなと思います。うちのバンドのリードギター、西田君もかなり才能があるプレーヤーだと思うんで影響を受けています。

ヌメ)名古屋のイメージが何かあればどうぞ。(偉そうに聞いてますが筆者は岐阜県出身です。)

吉田)名古屋出身の作家、清水義範さんが大好で、2~3年前に数えたら60冊くらいは読んでいました。清水さんは名古屋を小説の舞台にすることが多いので、その印象が強いです。名古屋の人は地上より地下道を歩くのが好き、って書いてありました笑

ヌメ)ありがとうございました!7/7の鶴舞KD japon、改めてよろしくお願いします!!


7/7(日)@鶴舞KD japon

吉田ヨウヘイgroup「From Now On」レコ発名古屋編

吉田ヨウヘイgroup(東京)
トゥラリカ  http://www.reverbnation.com/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%AB
rika siakai http://www.youtube.com/watch?v=_699JsEJ0zg

op/st…18:30/19:00

予約¥1,800
当日¥2,000
スポンサーサイト
プロフィール

numenumenone

Author:numenumenone

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。