スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥラリカ「黄金の靴」発売と、「デザイン」について

2016年4/8、トゥラリカの4年ぶり(!)の新作アルバム「黄金の靴」が発売されました。
ほぼ1年の活動休止となんやかんやで1年半に渡る音源パッケージ製作もあってこのスパンとなってしまいましたが、結果今に出せてよかったと心底思っています。

今、バンドは個人的に凄くいい状況で典型的「雨降って地固まる」状態にあります。活動休止中に僕が一人で動くには何をしようかとリサーチしまくっていた事柄がバンドの新しい方向性へとつながりつつあります。そしてそれを理解してかなんとなくかはともかく、大西さんも泉さんも付いてきてくれるようです。
トゥラリカは中学の頃から僕が思い描いてきた理想のバンド像であり、ある意味それを超えてくれたものです。その成果としての「黄金の靴」は、やっと作品単位で「こういうのできました」ときちんと言えるものになりました。と同時に、凄くいいものではあれ、もう自分の今のモードと完全にリンクしているわけではないから、いい意味でスッと置いていけるものでもあります。あくまで26歳までの総括にすぎないなー、と。

なので、酒の入ったテンションに任せて自己満足的に日記的にタネ明かし的に曲のことを断続的に書いていこうと思います。そういうの嫌って人は見ないように!




「デザイン」について

「デザイン」は、トゥラ3人の中で暫定的に1番気に入られている曲です。そしてこのアルバムの中で最も新しい曲でもあります。個人的にも、今の所普通のバンドフォーマットでこの曲よりよくできた曲が出来る気がしません。この程度で!?という意見もありそうですが……。
もともとスローな曲が我々にはあまりなく、隙間はあっても内在するテンポは結構早かったりするのでちょっと遅めの曲をやりたいなーと思って着想した覚えがあります。
前提として、「苔の祭典」に収録されている「山猫」という曲で、
・従来の初期sakanaインスパイアな点描+ハイトーンな唄い方にアーサーラッセルライクな朗々さを混ぜると、ポップな歌モノっぽい曲でもしっくりくるメロディを作れる(というか、アーサーラッセルの「Another Thought」でこういう簡素さ、朴訥さ、ポップさがあるのかと驚愕したから趣味そのものが引っ張られた。)
・ドラムをなくして歌のラインに寄ったベースラインを持ってこれば、ビートに寄ったものよりもクラシックとか民謡っぽいいつの時代のものか判然としない感じが出る。当時古楽にはまっていたのでビートに寄りたくなかった。

の2点を確認できたことと、

・「デザイン」の前にできた曲、「体感できない平坦さ」「黄金の靴」「ホバリング」のあたりからアフリカっぽくないポリリズムをやりたいと思っていて、それは自分の中で鉱物っぽいものがいくつも宙に浮いている、あるいはセザンヌのサント・ヴィクトワール山や静物画、あるいはレーモンルーセルの小説のようなetc、のイメージだった。3拍子基調でなく、8ビート(っぽい質感が)基調のカクカクとした、スクエアな。(なので前述の3曲は自分の中だけで8ビート3部作と呼んでいる。)ちょうどその頃コンロン・ナンカロウという僕のリズム史を塗り替える運命的な出会いを果たしたのもデカかった。te_riの村上さんに最大級のリスペクト。それらを通過した上で作る、ビートに寄らない歌モノ。

という考えがありました。

実際のフレージングやアレンジには以前から聴いていたジャズやクラシックへの憧れが強く出ています。曲を作っていたまさにその当時はマイルスの「ネフェルティティ」やダリウス・ミヨー、チャーリー・パーカーにハマっていました。イントロ/アウトロのピアノフレーズは「ネフェルティティ」のように口ずさめるけどどこか浮遊感のある、かといってあからさまに不穏でない、ウェインショーターのような(僕は上昇系が癖なので)下降系のフレーズを作ろうと思ってできたものです。あとはピアノ始まりの曲がなかったし、アルバムをつくるならピアノのイントロから入りたかったということもあり。

ピアノが入る、スローな曲、となるとゴスペルのような勇壮さとかシナトラ「夜のストレンジャー」とかオールディーズの曲みたいなエレガントさがあるとそれまでのトゥラっぽさと違って面白いなーと、キャッチーで大きいメロこないかなと思ってたらサビのメロディにピアノをガーンと鳴らす感じを思いつきました。こう考えると別にゴスペル感もオールディーズ感もない!その時はまだ泉さんのあの天才的なコードではなくちゃんと決まっていませんでした。で、このサビのメロディはブラッドサースティ・ブッチャーズのある曲に図らずも似ています。意図したわけではないもののささやかな吉村さん追悼曲になったかも。

サビの後に歌い出しが思いついた、っつってもベースに軽くディレイをかけたりメロディとかも完全アーサーラッセル風味。でも「なければ〜」の後から入ってくるベースリフのまとめのフレーズはチャーリーパーカーのバップフレーズをまったくジャズっぽくなくのべっとしたリズムに解体したもので、結構こういう歌にこういうベースが入ってくるのは妙なバランスで面白い気がする。ミヨーの曲を聴いてたら突然ブルースっぽい旋律が入ってきて「あ〜ブルースっぽさってこう使えるのか〜」と感動したのでこういうベースを入れてみました。この曲はジャズができない僕なりのビバップでもあります。

間奏のピアノソロは最初単音だったんですけど、オクターブで弾いたほうが厚みも出るし、何よりイスラム教の寺院っぽくていいと判断したのでオクターブにしました。このクロマチックの入れ方とかも凄くビバップを意識して、できないなりにエッセンスを入れられないかな〜と考えた結果です。いいメロディができた気がします。歌に入る寸前のキーから(多分)半音ずらした5度飛びのフレーズは何気に入魂のアウトフレーズです。

「沖の先〜」のあとのギターはミヨーの管弦楽曲に出てきたパッセージを無理やりギターに翻訳してみたら結構面白かったのでここでアクセント的に使いました。このギターの直後に出てくる、もともとあったピアノのフレーズに重なって流れができた。このピアノのフレーズはサビに使われる予定だったのですがそれはさすがに奇をてらいすぎでしたね〜〜

そして最後のサビで出てくるピアノの一連の「ガーン」は僕も大西さんも本当に奇跡のコードラインだと思ってるんですが泉さんはまったくそう思っていないようで「そんなにええか?」と首をかしげていました。どうしてもサビにはまるいいコードを出せずにスタジオ入っても膠着状態、どうしようと数週間悩んでいた時、とりあえず音を出してみようと何も決めずにただひたすら演奏を録音したことがありました。その録音で2秒だけいいところがあって、それが泉さんのコードラインの原型でした。これは、と思ってサビに被せようと考えたらあまりにもツボに入りすぎ、泉さんに「泉さん、これまた弾いて!」と言っても泉さんは覚えてないから弾けないというので僕と大西さんで必死に耳コピ。なんとか現状の形まで持ってきましたが原型はもっとよかったのです。音は間違っていないはず。なぜかわからんけどとにかく原型はすごかった!なんにせよそのおかげでこのサビのアレンジが出来て本当に安心しました。
サビが出来上がった時、歌との重なりがめちゃめちゃ聴いてた「ニーダロス大聖堂の合唱曲集」に入ってるナジ・ハキムのオルガン即興みたいなテイストになってて自分で興奮しました。バンドやってて屈指の興奮やったかも。実際、「黄金の靴」に入ってる曲は我々のそういう興奮まみれですよ。


最後に。この曲の歌詞はかなり気に入ってます。
スポンサーサイト

吉田ヨウヘイ氏インタビュー

7/7(日)のトゥラリカ企画でお送りする吉田ヨウヘイgroupレコ発を記念して、吉田さんにメールにてミニインタビューを敢行いたしました!僕はたまたまtwitterでコンロン・ナンカロウを検索したところ吉田さんを知り、このMVをみて思わずコンタクトを取った、という次第なのです。
吉田さんは發展というインプロティームにも参加されております、こちらもクール!

己が未熟ゆえフォーカスしきれなかった部分も多々ありますが、お楽しみください~



ヌメ)まずは簡単に自己紹介をよろしくお願いします。

吉田ヨウヘイ氏(以下「吉田」、敬称略))7人編成のロックバンドです。昨年4月に結成し、今年3月にアルバム「From Now On」をリリースしました。

ヌメ)早速ですが、吉田さんが音楽にのめり込むきっかけは何だったのでしょうか?

吉田)3歳くらいのときに、家にあったアメリカン・グラフィティという映画のサウンドトラックをよく聴いていました。アメリカン・グラフィティは50年代末から60年代頭のアメリカンポップスがたくさん流れる映画なので、最初に好きになったのはそのあたりの音楽だと思います。

ヌメ)では、音楽に関係する/しないを問わず、今までの人生におけるターニングポイントみたいなものがあったとすれば、それはなんでしょうか?

吉田)中一でギターを始めたんですが、中三のときに「燃えよドラゴン」を見て「楽器より格闘技なんじゃないか」と思って楽器を辞めるか迷いました。辞めないで良かった!

ヌメ)ターニングポイントというと、今回のアルバム発売もターニングポイントのひとつになるかと思うのですが、作る際に何かテーマというか軸みたいなものがありましたら教えて下さい。

吉田)意識的に、自分の中から自然にでてくるものばかりにしないようにしました。「誰々のこの曲のこのパートに感動したから、その要素を抽出したい」というような感じです。

ヌメ)「誰々のこの曲のこのパートに感動したから、その要素を抽出したい」そう思っちゃいますよね。勝手に自分のフィルターを通る分、再現できている部分と再現しようがない部分のグラデーションで面白くなることもありますし。歌とか声なんて特にそうなんではないでしょうか。

吉田)そうですね、かなりパクっても自分のフィルターを通した時点で、他の人が聴いたらあまり似てない印象になるみたいなんで、結構大胆にやってます。

ヌメ)アルバムの中身についてです。個人的に(もちろんどのパートに対しても配慮を行き渡らせておられるであろうことを前提として)、ベースとバスドラムの響かせ方にかなり神経を使われたのではないかと推測していますがいかがでしょうか?量感や立体感と柔らかさが両立されていてとても好きな音です。
吉田)ドラムはかなり好きな音になりました。ジャズのバスドラムの音が好きなので、ロックではあまり使われないノンミュートのバスドラムの音にしました。現代的なハードな感じと、レトロな感じの両方が出せたと思います。

ヌメ)ノンミュート!真似してみようかな……好きなジャズドラマーというと誰になりますか?

吉田)マックス・ローチエルヴィン・ジョーンズロイ・ヘインズジャック・ディジョネットなどです。

ヌメ)アルバムを製作する上で、うまくいった点、これから初めて聴く方にここは是非オススメしたい点、逆に心残りがあって次回どうにかしたい点があればよろしくお願いします。どれかにお答え頂く形で結構です。

吉田)初めて聴いていただく方への希望としては、うちのバンドは聴いた人から「この曲が一番いい!」って言ってもらえる曲がバラバラなので、1曲聴いてあまりピンとこなくても5曲くらい聴いていただけると嬉しいなぁと思います。

ヌメ)アルバムを聴いた人からの反応で特に印象的なものがあったら教えて下さい。

吉田)ジャズっぽいといっていただく場合と、「ジャズっぽいと思って聴いたら全然そうじゃない」っていっていただくことが、ちょうど半々くらいなことが印象的です。自分が最も影響を受けている2000年代以降のジャズは「これジャズなの??」っていうことが話題になることが多いんで、そういう意味ではややその辺に近づけたかなと。

ヌメ)お話を伺うと、改めて吉田さんの中でジャズっていうのは大きな軸なんだなと感じます。僕は吉田さんの作るポップスには、単に「はいジャズテイスト入ってますよ」というものでない、根の部分(音の捉え方?)におけるジャズからのフィードバックがあるような気がするのですが、いかがでしょうか?
それが日本語ポップスっていう軸と対になっていて、更にUSオルタナからの線も感じられて、多層的で不思議なフォルムの音楽になってるなと。
分析的に聴くまでもなく普通に聴いていい曲なんだけど、実はありそうでないんでないかと。

吉田)なんとなくですが、メロディー、コード、メロディーとコードのぶつかり、みたいな3種類くらいで考えていて、例えばメロディーであれば日本語ポップスの影響は入ってるけどジャズは入れてない、といったことをいちおう意識してやってます。ジャズの影響が入ったらいいなと思ってるのはコード進行とリズムかなと。メロディーとコードのぶつかりはジャズっぽくしないようにしてます。

ヌメ)それでは、吉田さんの個人的名盤3枚を教えて下さい。

吉田)
ビートルズ「ホワイトアルバム」…「ハッピネス・イズ・ア・ウォームガン」が好きで、作曲をやりたいと思うきっかけになった曲です。Happiness is a worm gun

ラウンジリザーズ「ヴォイス・オブ・チャンク」…ラウンジリザーズはサックスを始めるきっかけになりました。Voice of Chunk

大友良英「山下毅雄を斬る」…ジャズアレンジの歌ものという点で影響を受けました。同アルバムより、Hoahio (Haco) - スーパージェッター+ 冒険ガボテン島 (1999)

ヌメ)音楽以外で特に好きなもの、趣味などはありますか?

吉田)スポーツ全般。時間が空いたときにはヤフースポーツを見ています。

ヌメ)吉田さんが現在進行系で刺激を受けている方やバンドがおられると思いますので、教えて下さい。

吉田)森は生きているの岡田君。一緒に發展というバンドもやっているのですが、彼は暇さえあれば録音しているので、音楽家としてほんとにすごいなと思います。うちのバンドのリードギター、西田君もかなり才能があるプレーヤーだと思うんで影響を受けています。

ヌメ)名古屋のイメージが何かあればどうぞ。(偉そうに聞いてますが筆者は岐阜県出身です。)

吉田)名古屋出身の作家、清水義範さんが大好で、2~3年前に数えたら60冊くらいは読んでいました。清水さんは名古屋を小説の舞台にすることが多いので、その印象が強いです。名古屋の人は地上より地下道を歩くのが好き、って書いてありました笑

ヌメ)ありがとうございました!7/7の鶴舞KD japon、改めてよろしくお願いします!!


7/7(日)@鶴舞KD japon

吉田ヨウヘイgroup「From Now On」レコ発名古屋編

吉田ヨウヘイgroup(東京)
トゥラリカ  http://www.reverbnation.com/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%AB
rika siakai http://www.youtube.com/watch?v=_699JsEJ0zg

op/st…18:30/19:00

予約¥1,800
当日¥2,000

いとこに焼かれた4枚の銀のキョロちゃん

大成功に終わった4/13のodd eyes(ブログで感想書いてませんが、本当にガチ転機になりそうなイベントだったのでもう活字化するのが面倒になりました。とにかく至上の1日だった)とのWレコ発に引き続き、7/7にトゥラリカ企画をやります@鶴舞KD japon。

「東京のダーティ・プロジェクターズ」こと、吉田ヨウヘイgroupのレコ発、名古屋編です!
まずはこれをご覧下さい。
乱暴に言えば、オルタナ的造形と、辺境音楽からの引用の接続が当たり前になった時代以降のためのシティポップスという感じですが、そこに90年代のJ-POPを思わせるロマンティックさやジャズライクな密で硬度のあるアンサンブルが同居している、なかなかこういうバランスのバンドってない気がします。
不思議です。
今回のレコ発ではフルセットの大編成でお越しになる模様!詳細は今しばらくお待ちを!!



で、トゥラリカの新曲できました。
「ホバリング」という曲です。中間部ではソフトロックを意識してやってみたのですが、完全に音スッカスカのアニソンになりました。ありがとうございました。

エイトビートについて

4/7、新栄ロックンロールにてトゥラリカでライブしてきました。ようやく新曲も披露できました。まあ出来はそんなによくなかった気もするけど、新曲で事故らなかったのが何より……。

極めて個人的にここ最近のテーマになっているのが「8ビート」です(ただしここでの8ビートは単に8部音符主体のビートということで4拍子には限定してません。勝手な解釈なので悪しからず)。今回の新曲も一応エイトビートの感触をキモにして作ってます。youtubeにも上げてある「体感できない平坦さ」「黄金の靴」、新曲と合わせてエイトビート3部作という設定にしていたのですが…4部作、というかしばらくはエイトビートから頭が離れない状態になりそうです。

エイトビート云々にはそれなりに理由があって、一時期バンド形態に面白みを感じなくなり(一般的によくあることですね)、古楽やら民族音楽やらを聴いては「このレベルの土俵に上がれないな~」とか思ってました。アホらしいことに思われるのは承知ですが本気だったのでしょうがないっす。
ただ、祈りやら哲学やらの手段としての音楽に何も見出せない人間がそんなこと考えたところでその先に何もないわけで、どうやら僕は自分の好きな造形を音楽として自分の外に実現するくらいしかないらしいという所に来ました。それは例えば(知っている人からするとまたか、というラインナップですが)人気のない巨大建造物だったり無意味なモニュメントだったりジョルジュブラックやピカソやカンディンスキーやセザンヌやホッパーやマレーヴィチの絵、あるいは夏目漱石の小説から受け取った印象だったり……。国語的に正しいのは造形というか形象とか印象なのかな?でも実際つくっている感覚からすると造形がしっくりくる。
とにかくその流れで、エイトビートのあのスクエアな感じが前よりもずっとグッとくるようになりました。全体の音像の中にエイトビートを導入することで明らかに形状が変わるあの感じ。単純にストロークスがずっと好きだってのもあり。エイトビートで全体を流線形にしたり、破片を差し込んだり……うん、しばらく追いかけてみます。

カーリーズというバンド vol.2

3/15、16を持って名古屋のカーリーズというバンドが活動をやめました。この先彼女らが活動することがあるのかないのか、正直のところ僕にはどうでもいいことに思えます。余りにも完璧な活動、余りにも完璧な幕切れでした。休止に向かってのこの数ヶ月間、一つのバンドが一個の生き物として結実していく奇跡のような過程を目の当たりにして、信じられないような気持ちでした。そしてそれを極めて近いところで見ることが出来たということを強く感謝しています。

入学して「ギター教えてください」と言っていた子が1年生の夏を越えて突然「キャラメルマキアート」などという曲を書き、その後一切捨て曲をつくらないなどということを一体誰が想像出来たでしょうか。自分のベースに自信がないと泣いていた子がポールマッカートニーばりのメロウでこれしかあり得ないと思えるラインを弾くようになり、ドラム初心者がいきなりリンゴスターとチャーリーワッツが菩薩化したようなドラムをブチ叩き、「わたしだけ普通だからどうすればいいかわからないし、ライブの時は下ばっかり見ちゃう」と本気で悩んでいた子が最後にはしっかりと客席を、ハコいっぱいの客を見つめて余裕たっぷりに歌うようになるなんて一体誰が想像出来たでしょうか。


4/7にカーリーズの7インチ「baby blue / スローモーション」が発売されます。これが彼女らにとっての「アビィロード」です。
プロフィール

numenumenone

Author:numenumenone

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。